結婚式の席次表で頭を悩ます席次表は結婚式で重要です

席次表を作るのに大切なこと

席次表を作る際にどういったことに気をつければいいのでしょうか。

席次表を作る際は肩書きで頭を悩ませている方を多いそうなので、説明したいと思います。

せっかく来ていただくゲストなので名前の前に肩書きか間柄を入れるようにしますが、肩書きを優先する方が多いです。

式に出席したゲストが誰がどういう関係なのかがよくわかり、式も和やかに進みます。

具体的に肩書きの書き方は、会社関係であれば役職名を書き、役職がない場合は部署名を記載したり、同僚や先輩と書くこともできます。

また、新郎または新婦が退職、転職されている場合は「元」

をつけて新郎(新婦)会社元上司などにします。

また学校の間柄の方は恩師や師匠、先生などと書きます。

仕事関係の間柄でも、病院や役所を表したい場合「会社」

ではなく「職場」

とします。

またせっかく招待するお客様なので、後輩などの言葉は使わず同僚や友人と記載する方がいいでしょう。

細かく大変ですが席次表の肩書きはこのようなことに注意して作れば大丈夫です。

席次表に記載する席配置の通例を見ていきます。

新郎、新婦にもっとも近い席が「上座」

でもっとも遠い席が「下座」

です。

上座から目上の方順に席を配置していきます。

主賓→上司→仕事関係、学生時代の先輩→友人、同僚→親族→家族→両親となります。

一番感謝を伝えたい両親は当日は招待する側になるので、一番下座に座ってもらいます。

メインテーブルに向かって左側が新郎関係者、右側が新婦関係者になります。

テーブルは円形のテーブルを使用するのが一般的です。

また、話やすいゲスト同士を隣あわせに配置するなどの工夫はできますが、席の配置でゲストが格を気にすることがあるため、十分考慮して慎重に配置する必要があります。

私の場合も席配置はとても慎重になりました。

せっかく来て頂く方に失礼があってはいけないと思い式場の方にアドバイスを頂きながら作成しました。

その甲斐あって特に問題になることなく式ができました。

振り返ってみればいい思い出です。

これから考えている方は、席次表を作成する際は変に気負わず基本に忠実に作成することが一番だと思いますので頑張ってください。